学会役員

会長: 中野伸一
会長挨拶

みなさまにとって、「陸水学」とは、普段は耳慣れない名前かと思います。この学問分野は、湖沼、河川、ダム湖、河口域、地下水、湿地、雪氷などの水域を対象とする総合科学です。すなわち、当学会のメンバーは、これら水域において、地学、物理学、化学、生物学などの分野の技術と知識を組み合わせて駆使しながら、これらの場におけるさまざまな現象を科学的に解明しています。ここ数年、地球や地域の環境問題を解決するために、学問の異分野融合や、学際あるいは超学際研究の推進が、世界各国で行われています。一方、陸水学は、19世紀末の発端からすでに学際的学問分野として発展してきました。陸水学は、基礎学術的な学問分野であるだけでなく、陸水域は人間生活と直接的な関係が深いことから、実際の社会・環境問題にも直接対応する極めて現代的な課題に以前から取り組んで来ました。すなわち、陸水学は人類の生存に直接関わる極めて重要な学問分野なのです。

現代社会は、不確実性の高いフェイズに入っております。このような時代こそ、科学を行う人間のコミュニティは、自らの科学的知見・知識・技術により、持続可能性社会の実現と人類の幸福のために貢献できると思います。陸水学は人類の生存に直接関わる極めて重要な学問分野であり、我々日本陸水学会のメンバーは自らの学問分野に誇りを持ち、高いモチベーションで優れた水準の研究などの諸活動を行っています。社会のさまざまな立場における多くの方々が我々の活動に興味を持って下さり、我々と共に行動して下さることを祈ります。

2018年1月
日本陸水学会第16代会長

 

 

——————————————————————————————————————-

幹事( 2017年1月1日から2018年12月31日まで2年間)

幹 事 長 :伴 修平
庶   務 :吉山 浩平
会   計 :後藤 直成
広報・情報 :尾坂 兼一 (メーリングリスト担当)
広報・情報 :戸田 孝 (Web担当)
環   境 :浦部 美佐子
国   際 :丸尾 雅啓

評議員(2019年12月まで)

【全国委員】
中部        朴 虎東
東北        占部 城太郎
関東        鏡味 麻衣子
中部        岩田 智也
関東        楊 宗興
関東        吉田 丈人
関東        浅枝 隆
近畿        杉山 雅人

【地区委員】
北海道     高野 敬志
東北         牧野 渡
関東         松崎 慎一郎
中部         平林 公男
近畿         石川 俊之
中国         管原 庄吾
四国         三宅 洋
九州         大上 和敏

企画委員会
委員長:藤井智康(2019年12月まで)
委員:大八木英夫,高巣裕之,土居秀幸,源利文(2018年12月まで)
飯泉佳子,帆苅 信,山田 誠,山室真澄(2019年12月まで)

編集委員会
和文誌「陸水学雑誌」編集委員会
英文誌「LIMNOLOGY」編集委員会

——————————————————————————————————————

前任者情報

幹事(2016年12月まで)

幹事長:戸田任重
会計幹事:東城幸治
庶務幹事:朴 虎東
広報幹事:坂本正樹、河 鎭龍
環境幹事:森脇 洋
国際幹事:平林公男
学術幹事:楊 宗興

 

評議員(2017年12月まで)
【全国委員】
近畿         中野 伸一
関東         楊 宗興
関東         浅枝 隆
近畿         三田村 緒佐武
中部         野崎 健太郎
関東         鏡味 麻衣子
関東         吉田 丈人
関東         井上 徹教

【地区委員】
北海道      柴田 英昭
東北         植田 真司
関東         福島 武彦
中部         宮原 裕一
近畿         奥田 昇
中国         管原 庄吾
四国         山田 佳裕
九州         大沢 信二

 

企画委員会(2017年12月まで)

委員長:楊 宗興
委員:浦部美佐子、北澤大輔、谷田一三、中野伸一、野崎健太郎、藤井智康、古武家善成、熊谷道夫